ヘルパー・介護福祉士の給料は安い

私の働く病院に、ヘルパー・介護福祉士がたくさん勤務していましたが、いつも彼らがいうことは給料が安いという不満でした。
一緒に病院で働くスタッフは国家資格を持っていることが多いですね。
医師や看護師を始め、放射線技師や、理学療法士なども国家資格であるために、病院で支払われる給料には、資格手当が入っていたのです。
しかし、ヘルパーや介護福祉士には、それが入っていませんでした。
そのために、ほかのコメディカルスタッフと比較すると給料が安いということが不満だったようです。
そんな中で、唯一給料を増やす手段は、夜勤を積極的に行うということでした。
ヘルパー・介護福祉士の中には、40代50代の人が結構たくさんいました。
そして年齢を重ねると夜勤はどんどんきつくなってあまりしたくない、でも30代のヘルパー・介護福祉士は子育て中の人が多く夜勤は難しい、そうなると20代の人たちがどんどん夜勤をして活躍できるのです。
私の病院でも20代のヘルパー・介護福祉士が夜勤で活躍していましたね。
看護師から見ると、20代の若さがあると、フットワークも軽いし、お願いしたこともすぐに対応してくれます。
また若いですが、意外にも患者さんへの対応は常識的に理解している人が多く、患者さんからも頼りにされている部分も多かったのです。
ですから、病院も積極的に若いヘルパーや介護福祉士を採用していましたね。
もう少し、給料面で優遇されていたらみんな気持ちよく働けると思います。