ヘルパー・介護福祉士の給料は安い

私の働く病院に、ヘルパー・介護福祉士がたくさん勤務していましたが、いつも彼らがいうことは給料が安いという不満でした。
一緒に病院で働くスタッフは国家資格を持っていることが多いですね。
医師や看護師を始め、放射線技師や、理学療法士なども国家資格であるために、病院で支払われる給料には、資格手当が入っていたのです。
しかし、ヘルパーや介護福祉士には、それが入っていませんでした。
そのために、ほかのコメディカルスタッフと比較すると給料が安いということが不満だったようです。
そんな中で、唯一給料を増やす手段は、夜勤を積極的に行うということでした。
ヘルパー・介護福祉士の中には、40代50代の人が結構たくさんいました。
そして年齢を重ねると夜勤はどんどんきつくなってあまりしたくない、でも30代のヘルパー・介護福祉士は子育て中の人が多く夜勤は難しい、そうなると20代の人たちがどんどん夜勤をして活躍できるのです。
私の病院でも20代のヘルパー・介護福祉士が夜勤で活躍していましたね。
看護師から見ると、20代の若さがあると、フットワークも軽いし、お願いしたこともすぐに対応してくれます。
また若いですが、意外にも患者さんへの対応は常識的に理解している人が多く、患者さんからも頼りにされている部分も多かったのです。
ですから、病院も積極的に若いヘルパーや介護福祉士を採用していましたね。
もう少し、給料面で優遇されていたらみんな気持ちよく働けると思います。

ヘルパー・介護福祉士の辛さについて

ヘルパー・介護福祉士の仕事が辛いというのは多くの方が分かっている事だと思います。
ですが、いくらヘルパー・介護福祉士が辛いというのが分かっていても実際にこの仕事をやった事がない人は所詮想像する事しかできないです。

ですから、多くの人が思い浮かべるヘルパー・介護福祉士の辛さというのは多くは下の世話を思い浮かべると思います。確かにそういうのもありますがそれは何もヘルパー・介護福祉士に限った話ではないです。

下の世話なら看護師だってあります。ですから、ヘルパー・介護福祉士の辛さは下の世話があるという風に考えないでもっと別な点にあると考えて欲しいと思います。

では、具体的にどういった点でヘルパー・介護福祉士が辛いのかというとそれは常に介護を必要としている人の世話をしなければならないという点にあります。

特に真夜中に何回も同じような理由で呼ばれたりするのは精神的も辛いです。
確かに必要があって真夜中に呼ばれるならまだ良いですが認知症が入った人の介護というのは
病人の世話とは違って必ずしも生命の危機があるから呼ばれるという事もないです。

本当にどうでもよい理由で呼ばれる事もあるのでヘルパー・介護福祉士は肉体的以上に精神的にくるものがあります。

それでもそういう人達の役に立ちたいと思うならヘルパー・介護福祉士の仕事はそれなりにやりがいはある仕事だと思います。

ただ、認知症の人の世話というのは思った以上に大変だという事は知っておくべきです。

ヘルパー・介護福祉士の求人情報はしっかりと確認すること

ヘルパー・介護福祉士として働く時は求人情報の内容を確認し、やりがいを感じて仕事ができるように決める方法が最適です。求人情報の内容は地域によって給料の相場が異なり、出勤時間や勤務時間などを確認して都合に合わせて決める方法が望ましいです。
ヘルパー・介護福祉士は介護が必要な高齢者などに対処できるようにすることが求められ、利用者の体験談などを参考にすると初めて仕事をする時に役立ちます。仕事をする時は資格が必要で、働くために必要な知識を学び今後の高齢化社会に貢献できるようにすると効果的です。
ヘルパー・介護福祉士は女性が中心の業界で、家事や育児などをしながら仕事ができるようにパートなどで求人募集を行っているため今後の生活のスタイルに合わせて選べます。仕事を探す時はやりがいを感じて働けるように内容を確かめて決め、介護が必要な高齢者の人口が多い地域は需要が高いため自分に適した求人を探す方法が最適です。
ヘルパー・介護福祉士は訪問介護に仕事がメインになるため、運転免許が必要になり様々な場所で働けるように準備する必要があります。自分に適した職場を探す時は介護求人情報の内容を確認し、仕事にやりがいを感じて働けるように決めると今後の人生につながります。
ヘルパー・介護福祉士の仕事の探し方はやりがいを感じて働ける環境を選び、相手の要望に応えられるように仕事に取り組む方法が望ましいです。介護の仕事は相手の状況に応じて勤務時間や仕事内容が変更になることを認識し、仕事の特徴を理解する必要があります。

ヘルパー・介護福祉士の求人はコチラ
介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職

介護福祉士やヘルパーなどが逮捕されるのを見て思うこと

私自身少しだけヘルパーとして働いていたこともありますし、介護福祉士やヘルパーの友人や知人も多くいます。
よく利用者さんを殴っていたとかつねっていたという暴力的な事件や睡眠薬を飲ませていたなどという事件を見かけます。
それらの人を擁護するわけではありませんが、そういう報道では被害者の老人が何かしていなかったか等という事は一切報道されません。

介護の仕事をしていると結構体中傷だらけになります。なぜかというとよぼよぼの老人だと皆さんは思っているかもしれませんが、見た目に反して結構パワフルなのです。100キロ近い大柄の職員が投げ飛ばされたと言う事も見たことがあります。
ちなみにその投げ飛ばした理由は、風呂に入りたくなかったからです。その老人はほっておくとお風呂が大嫌いで1ヶ月位余裕で風呂に入りません。しかも失禁をする上本人は気が付かず、更におむつ交換も嫌がるのです。
流石に困るので職員数名で週に一回お風呂に入れるのですが、もちろん暴れます。足が不自由なはずなのに立ち上がるは蹴るはひっかくは…。
足が不自由なのが嘘なのではないかという暴れっぷりです。もちろん嘘ではなく本当に動けないわけですが火事場の馬鹿力というのは本当に凄いものです。
他にも長い髪の女の人を見ると手当たり次第に髪の毛を引っ張って痛いと叫ぶのをみて楽しむ人などもいます。
多くの人は普通の方でおとなしくしているのですがそういう方も中にはいるのです。

捕まっているニュースを見ると介護職員としては非常にやりきれない思いになります。
もちろん、暴力はいけませんし、老人は大切にしなければならないので、逮捕されたこと事態は当たり前です。
ただ、介護の現場では介護職員が捕まる以上に介護職員が暴力を受けているという現実をテレビでしっかり紹介して欲しいと思ってしまいます。

老人は色々な事を知っていますし、認知症になっても可愛いおじいさんやおばあさんもいっぱい居てやりがいのある仕事です。
しかし、そういった老人からの暴力で辞める人も多いのも現実なのです。

若年層の活躍が目立つヘルパーや介護福祉士

近年では、若い年代のヘルパーや介護福祉士が活躍する傾向が強く見受けられるようになり始めています。多くの現場で若い人材が活躍し、介護関連の仕事が円滑に進められることにも繋がっていると認識されています。積極的にヘルパーなどの仕事に挑戦している若年層も多数存在しているとされていることから、現在では多くの方面からの注目が寄せられるようにもなりつつあるのではないかと思います。
若い年代層の人材を積極的に登用する動きも、多くの福祉関連の現場では確認されるようになり始めています。そのような傾向も、若い介護福祉士やヘルパーなどが活躍する土壌を形成することに繋がってきており、話題としても取り上げられているのではないかと思います。全国的にこの動きがしばしば確認されるようになり始めているともされているため、この仕事をしようとする若者が活躍できる可能性も著しく高まるのではないかと考えられています。
これからも、若年層のヘルパーや看護師などが、高い頻度で活躍できる状況が継続的に見受けられていくのではないかと推測されています。これまで以上に積極的な若年層の登用も見込まれるようになり始めているとみられており、多くの分野で注目が寄せられるのではないかと思います。若い人々の間では、介護福祉士などの仕事をしてみたいと希望する声も多数上がるようになりつつあります。そのため、この傾向は概ね歓迎されるものとして認識されるのではないでしょうか。

介護福祉士のやりがいと辛さ

介護福祉士は、日常生活が困難な高齢者や身体障害、精神障害者に対して、身体介護を行います。
入浴、排せつ、食事などの身体介護や買い物、洗濯、掃除などの家事援助を行います。
病院に併設されている介護施設に就職すると看護師と一緒に勤務をすることになります。
そのため、日勤・準夜勤・夜勤などの勤務体制となり、慣れないうちは体がしんどいです。
仕事も高齢者を車椅子からベッドに移したり、姿勢を変えるために抱きかかえたり、入浴介助をしたりと体を駆使するため、肉体労働です。
腰を痛めて、退職を余儀なくされる人もいます。
看護師も一緒に巡回はしますが、自分達も患者さんの状態を把握して、変化を見逃さないようにしないといけません。
痰をつまらせたり、誤飲は命の危険に関わります。
認知症の方に一日に何度も同じことを聞かれたり、援助しているのにもかかわらず「やめろ~、殺す気か。」などと言った暴言を吐かれることもよくあります。
辛いことも多いですが、人生の先輩であるお年寄りの方から教えてもらうことも多く、世間話などで盛り上がることもあります。
クリスマス会や七夕などのイベントもあるので、入所者の方と一緒に準備をしたりして、楽しむことができます。
入所されている方の家族から、「ありがとうございます。」と言われることも励みになります。
介護は、終わりがみえないので家族にとっても辛い問題です。
少しでもそんな方々の支えになれているのなら、とても嬉しいです。